一棟ではなくフロアまたは部屋ごとに分譲することで、従来とほぼ同じ資金でより好条件の物件を所有できるのがACN不動産の「分譲オフィスソリューション®」です。例えば、1棟が数十億円になる都心の中規模ビルが、区分所有(分譲)なら10分の1程度に抑えることができるため、同じ金額でも、より立地の良い物件やグレードの高い物件が購入できるようになります。都心の中規模ビルは、空室リスクが低く流動性が高い(売却しやすい)ことも大きなメリットです。
分譲オフィスソリューションとは
分譲オフィスソリューションとは
分譲オフィスソリューションのポイント
購入から運営、管理、売却まで
ワンストップで対応することで
オーナー様のあらゆるご負担を軽減します
ACN不動産が一括サポート
購入から売却までワンストップで対応

オーナー様のあらゆるご負担を軽減する「ワンストップサービス」で、不動産の価値を最大限に高める戦略の立案、効果を最大化するための資金計画、お客様のニーズにあった資産運用、そして、物件購入後の管理、テナント付け、賃料交渉、修繕計画の立案から実施、物件の売却など、入口から出口まで一括でサポートいたします。

分譲オフィスソリューションをお勧めする理由
分譲オフィスソリューションをお勧めする理由

分譲オフィスのメリット

分譲オフィスのメリット
分譲オフィスのメリット
  • ①収益性

    需給がタイトな中・小規模ビルは市場競争による賃料下落が起きにくいため高い賃料を長期維持しやすい。

  • ②安定性

    管理組合を組成し長期修繕計画に基づき運用するため、突発的な修繕コストを平準化できる。

  • ③土地の価値

    一定規模以上の土地や一等地の区画は開発用途が多岐にわたり価値が高いため評価額や査定額が高くなるケースが多い。

  • ④流動性

    一棟ビルを小口化することで単価が下がり購買層が広がるため、高い流動性を誇る独自のマーケットが形成されている。

新しい不動産所有の仕方

新しい不動産保有の仕方
種別・エリアに限定されない保有が可能

ご相談・お問い合わせはこちら ご相談・お問い合わせはこちら

Pマーク

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)よりプライバシーマーク付与認定を受けています。
プライバシーマークは、日本工業規格「JIS Q 15001:2006個人情報保護マネジメントシステム要求事項」に適合して個人情報を適切に取り扱っている事業者に付与されるものです。